とこなめ陶の森とは

とこなめ陶の森は、平成24年4月1日から、新たに資料館、陶芸研究所、研修工房の3施設でスタートし、
焼き物文化の創造と発信の地、陶業・陶芸の研究・研修の拠点、また常滑焼の振興と伝承の地として一体的に設立しました。

企画展

予定と実績

資料館は施設の改修工事に入るため、2020年4月1日(水)より休館します。
なお、常設展示は2020年3月31日(火)まで通常通り実施しています。

企画展のご紹介