研修工房

研修工房は、平成24年4月に新設された建物で、新たな枠組みで陶業陶芸の振興事業を開始する際に、研修の場としてスタートしました。

伝統ある常滑焼の振興を図るため、研修生に陶業・陶芸に関する基礎知識や作陶技術・薪窯を含む焼成技術を習得させ、感性豊かな新たな時代を切り拓く常滑焼の担い手として、また日本だけでなく世界にも通用する若い作陶家を育成することを目指しています。

研修生の授業の他に、釉薬講習会、貸窯など、市内外の多くの陶業・陶芸に携わる方々に利用していただけるよう、開かれた工房を目指しており、工房見学もしていただけます。